お客様の釣りのスタイルを完成形にコーディネート

Perfection

 0586-64-8536

〒491-0837 愛知県一宮市多加木4丁目31−12

トレンディ タカキ 102 号

店長日記

★鳥羽釣行時の針のお話(青物&サワラ)★

投稿日:

先日の釣果ブログを読んで頂きましたお客様より、

針についてのご質問を頂きましたので、

店長が使用している針のご紹介をさせて頂きます。

ご質問1

【Q】針の大きさはどれくらいのサイズを使用しているか?

【A】メーカー様によって表記されている数字と針サイズが違うので〇番とは言い切れませんが、比較的大きな針が好きで選択しております。

ただし、ジグのサイズにも合わせて選んでおりますので、この〇番だけと言う選択にはならないのです。

中にはジグに針がガッシリとホールドしてしまったりもしますので、その際には針サイズを上げ下げしております。

写真の物は『ステキ針/幻ツインアシスト#1/0(2cm)』です。

ヴァンフックさんでは『ジゲン#4/0』とほぼ同サイズ位になると思います。

 

大きな針を選ぶ理由は

吸い込みが良く、針掛かりした後のホールド力や強度的な安心感があります。

形によっても違いは出ますがメリットとして活きるものを選ぶようにしております。

10kgクラスの青物が回遊してくる際には・・・

ステキ針/幻ツインアシスト・#2/0~#3/0

を使用しております。

 

ワラサクラスが多い海域では

ステキ針/幻ツインアシスト・#1/0

ステキ針/輝ツインアシスト・#2/0

ヴァンフック/ジゲンハイパーツイン#4/0~#6/0

上記あたりの針サイズを選択して使用しております。

 

ご質問2

【Q】針を大きくすると魚が掛かる確率が落ちるのでは?

【A】確かに針が太くなる分だけ掛かりは落ちると思います。

ただ竿を使ってアワセを入れるのではなく、糸を利用してアワセを入れる事をイメージしてもらえれば貫通力がそれほど落ちるとは思っておりません。

特にライトジギングですと柔らかい竿を使用するケースが多いので、竿での合わせでは竿の柔軟性によりフッキング出来ていない感じです。

しかし綱引きの要領で糸でアワセを入れられれば糸の伸縮率を考えても100m程度の水深であれば十分にフッキング出来ると思います。

店長はキャスティングでもジギングでも、アタリがあればリールを全力で巻いて糸でアワセるように意識をしております。

このアワセをするようになってからは、針が太いから掛からないという考えは無くなりました。

あくまでも私自身での感覚ではありますが・・・

いざ大きな魚がHITした時に不安要素をなるべく取り除いてファイトがしたいですからね!!

小さな魚を想定するよりも、大物を想定して釣りへ挑んで頂いた方が良い釣果に繋がると思います。

日本海のようなジギングのスタイルで3号以上の太い糸を使用できる海域では竿も頑丈になるので、さらに大きな針が使用出来ますね。

糸の太さでも針を選ぶと言う選択肢があっても良いと思います。

 

ご質問3

【Q】アシストの長さはどの様に選べばよいですか?

【A】基本はジグの大きさや狙うターゲットに応じて選択しております。

しかし同じ長さでもメーカー様によりアクションや形状も変わります。

ロングジグを使用する際でも、フロントフックだけで更にはシングルフックを使用する際にはジグの1/3以上でアシストの長さを使用する事が多いです。

要は針の位置がジグの中央付近にあると言うイメージです。

しかしリアにも針を付けて使用する際には2~3cm程度の短いダブルフックを付ける事もあります。

前にも後ろにも針を付ける際には、

フロントダブル&リアシングル

この組み合わせで使用しております。

サワラが多い時にはワイヤー仕様の長いシングルを使用しております。

歯が鋭く噛みつく魚はジグの中央付近を噛みついてくるケースが多いですからね♪

ヴァンフックの『ワイヤーアシスト(ジゲンハイパー)』のシリーズがオススメです。

ステキ針のザ・ハンターズ(リア用)がフラッシャー付きで喰いも良く重宝します。

リア用は短めを使って頂いた方がエビになりにくく良いですね!!

 

鳥羽の海域を知り尽くした【タナジグ】さんの

万能フック』や『青物・サワラ』仕様の針を使い分けていくのも釣果の近道になると思います。

ザイロン仕様によりアシスト切れが激減致します♪

 

かなり個人的見解が多くなりましたが、店長は上記のようなセッティングで鳥羽の釣行に挑んでおります。

コレと言った限られたものを使うよりも、使用するジグや狙うターゲットに合わせた選択肢を持つことが一番の近道だと考えております。

針に迷っているアングラー様は、釣行の際には一度参考にされてください。

 

今回はこれからがハイシーズンの伊勢湾や鳥羽の【青物&サワラ】狙いでのご説明ですが、

マダイやシーバスと言ったターゲットでは使用する針が全く変わります。

狙う魚が何を捕食して、どの様に食べるのかを想像しながら針を選択してみるのも良いかと思います。

時間を作り是非とも店頭へ相談しに来てください♪

正解かはわかりませんが、ちょっとしたヒントから引き出しを増やすことが出来るかもしれませんよ~

答えは全て海の中

某有名な船長のお言葉がごもっともですが、

釣る為の確率を上げるのにアングラーとしての努力も釣りの楽しみだと思います!!!

逆に海の上で得たヒントを店長にコソっと教えて下さいね♪

 

様々なメーカー様より本当に良い針がたくさん販売されておりますので、

お気に入りの針が見つかるまで試行錯誤しながら色々とお試し頂くのが1番だと思います。

たくさん魚を釣られるアングラー様の針ケースには、本当にたくさんの種類の針が揃っております!!

迷うことは遠回りかもしれませんが、結果的に釣果にもつながると思います。

 

 

 

  ソルトルアープロショップ   

  Perfection/パーフェクション   

  0586-64-8536   

  *丹陽消防出張所真向い*   

ネットショップはこちらから!

-店長日記

Copyright© Perfection , 2019 All Rights Reserved.